リサイクルトナーとは

最近では、社内書類を電子化して管理することで、作業効率も上がり、ペーパーレスでコスト削減にもなると導入する企業も増えています。しかし、顧客との取引では紙の書類は必要なため、プリンターは必要な備品です。通常、プリンターのトナーカートリッジは、値段も高く使い捨てですので、会社の経費も相当な金額になってしまいます。リサイクルトナーは、使い終わったトナーカートリッジを工場で洗浄し、劣化部品の交換や修理をおこない、再びトナーを充填して使用するため、技術開発費などがかからず安価で購入できます。

日本の企業では、まだ20%程度の普及しかありませんが、印刷にコストがかかりすぎていると感じている企業は、まず、トナーカートリッジをリサイクルトナーに変えるだけでも、経費削減に効果があるでしょう。リサイクルトナーは、トナーカートリッジのタイプによっては純正品の70%~90%も安く購入できるリサイクルトナーもあり、企業の経費の中でも削減効果が高いものと言えます。

リサイクルトナーは、使い続けるほど大幅に経費削減ができ、プリンターをよく使う企業では、機種によって年間、数十万~100万円以上の経費削減が可能になりますので、どのくらいの削減効果があるのか会社内でシミュレーションをしてみることをおすすめします。